CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
顔文字教室
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Yahoo!ニュース
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

隊長日誌

<< 『ラブド・ワンズ』鑑賞 | main | 謎の劇場・テアトル弘前 >>
佐藤允追悼上映会『非情学園ワル 教師狩り』+志垣太郎氏トークショー
0
    佐藤允さん追悼上映会 「非情学園ワル 教師狩り」
    久しぶりにグリソムギャング。今回は第二部の志垣太郎氏のトークショーへ。
    『非情学園ワル・教師狩り』。要するに谷隼人の洋二に、PTA会長が呼んだ佐藤允氏扮する柔道の達人教師・島が対決。島は柔道で洋二を叩きのめすが、二度目の対決で敗北する。PTA会長の息子・小野進也は愚連隊を率いて、洋二と同棲していた元女教師・美杉を輪姦。洋二は婚約パーティーを抜け出していたPTA会長の娘で島の婚約者を強姦。そして姉の復讐に来た小野進也達を叩きのめし、重傷を負わせる。退学の決まった洋二に真摯に向き合っていた教師・宇津木は剣道で洋二と対決するが、間違って大怪我を負い、死亡。しかし洋二を庇う宇津木の遺言を島達は捏造、洋二は殺人罪で少年院に送られる。勝ち誇る島達だが、洋二は美杉の協力で脱走、真相を知る教頭を利用して、ブラジルへ旅立つ直前の島の悪行を暴露。学園が騒然とする中、洋二は島と死闘を繰り広げ、遂に島を倒し、そのまま学校へ駆け付けたパトカーへ向かって歩いて行く。
    ワルの洋二の前に、それ以上のワル=島・PTA会長一派という構図は、『愛と誠』というか、スネーク・プリスキンというか。終始無表情の谷隼人は美杉との不器用な愛や宇津木に僅かに見せる真摯さをまぶして観客の感情移入を誘いながら、野性味溢れる佐藤允のガチンコ対決を軸に、小野進也扮するドラ息子らとの抗争等と盛り沢山。正直洋二のキャラクターはイマイチだが、報復と復讐が積み重なって行く構成はなかなか面白かった。

    んで、15時15分スタートの映画終了後、若干遅刻した志垣氏を迎えて、17時15分に全員が紙コップの日本酒とウーロン茶で献杯し、志垣氏の「飲むぜー!」でトークショースタート。思い出話に花が咲き、その後はサイン会の後、懇親会に移り、志垣氏と闘介監督を囲んでのおしゃべり。リクエストに応じて、志垣氏が『ベルサイユのばら』のエンディングのアンドレの独白「オスカル、愛してる」を再現して、大喜び。闘介監督の思い出話と、場を盛り上げる志垣氏のサービス精神と御年61歳と思えぬキラキラと光り輝く瞳には思わず魅せられましたわ。
    あと、グリソムギャングの方が、隅の方にいる女性客向けに志垣氏の席替えをしたり、そういう所で気を遣っているのが感心しましたわ。
    結局22時半ぐらいで会は終了。いやー、楽しかったです。
    | 映画・TV | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://geronimo.megaforce.org/trackback/952902