CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
顔文字教室
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
Yahoo!ニュース
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

隊長日誌

<< 持ち上げて落とすな | main | 石ノ森作品がハリウッドに進出? >>
ピカピカのぎろちょんが復刊
0

    子供時代に読んだ本というのはおそらく死ぬまで覚えていると思うのだが、「モチモチの木」レベルの時代を超えた作品ならばともかく、世代限定、忘れられて久しい作品というものも多々あり、それでも記憶の中で異彩を放っていたのがこの本「ピカピカのぎろちょん」だ。まさか復刊されているとは。
    ご覧の通りキツネ目の落書きのような表紙と挿絵だけ見てもその異様さが伝わってくるが、その話も児童文学の範疇に入れるのが躊躇われるような内容だ。
    主人公の女の子・アタイと弟、そして遊び仲間の子供たち。ある日学校が休校になり、町のあちこちにバリケードが築かれる。「ピロピロ」が起きたのだ。そして封鎖されたアーケードによじ登り、こっそり覗いた駅前公園に築かれた高い塀、そしてギロチン。その話からぎろちょんの模型を作り、野菜を切り落とす子供たち。それは何か起こる前触れなのか。しかし子供たちの世界には何も起こらず、ある日バリケードは撤去されて、町はいつものように戻っていく。
    ここで書かれているピロピロとは、明らかに革命か戒厳令である。ただしそれが作者が経験した戦時下の時代の感触を現代の子供達に伝えようとする意図なのか、そういった安直な想像を拒否するように、作者の視点は子供達の視点と世界から離れずに、読者への情報を遮断している。子供達に夢や希望でない、反戦でも平和の尊さでもない、何か不明瞭なものを共有させようとするというだけでかなり面妖な作品だが、それにしても不思議な読後感を残す作品だった。
    | 書籍・雑誌 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://geronimo.megaforce.org/trackback/373987
    ピロピロ進行中!50年後を予見していたトラウマSF!
      ★ピカピカのぎろちょん  HPを更新しました。 20世紀少年少女SFクラブ ピカピカのぎろちょん   http://sfclub.sakura.ne.jp/sano01.htm    
    | SF KidなWeblog | 2013/08/04 2:46 PM |